元介護福祉士ナックルの情報ブログ


サイト内検索

プロフィール

ナックル
元々訪問入浴介護をしており、ケアマネ試験、介護福祉士試験の情報をどこよりもわかりやすく解説していくことをモットーに発信中です

詳しいプロフィールはこちら

全記事一覧はこちら

お問い合わせ

カテゴリー

みんなの介護

物件数No.1
老人ホーム検索サイト

最新情報

第32回 介護福祉士試験 合格ライン予想 予想合格基準点 (あくまでも予想です)

第32回介護福祉士試験を受けられた方、お疲れ様でした!
色々な思いで受験されたことと思います。
 

 
今回の試験は
午前中はかなり優しめ
午後は難しい
と前半後半でかなり激しい差があった
試験でしたね。

 

 

 
この記事の続きを読む

発達と老化の理解の高齢者の加齢変化に関する動画です!毎年2問~3問は出ます! 介護福祉士試験対策

在宅復帰を目指す利用者、各専門職には役割があります 第30回介護福祉士試験過去問68

問題68

 
Gさん(66歳、女性)は.1年前に脳梗塞を発症して片麻痺になった。在宅復帰を目指し、介護老人保健施設に入所して、「家に帰れるように頑張らなくちゃ」と熱心に立位訓練に取り組んでいた。しかし、同居していた孫が3日前に訪れてから、「体調が悪い」と言って、閉じこもり、食事は半分も食べなくなった。傾聴ボランティアがGさんの居室を訪れると、「訓練しても帰るところがない」と泣いて話したという。​
Gさんに対する介護福祉士の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。​

​1 食事量を評価して、栄養指導を行う。​

2 立位訓練を評価して、回復状況を把握する。​

3 家族と調整して、退所後の住まいを整える。​

4 サービス担当者会議に孫を招集する。​

5 傾聴ボランティアの情報を基に、本人の生活ニーズを確認する。​

この記事の続きを読む

排泄に関する情報の優先順位に関する問題。 第30回介護福祉士試験無料過去問67

問題67

 
Fさん(75歳、女性)は、アルツハイマー型認知症である。家族の介護負担が増加して、3日前から介護老人保健施設に入所している。入所前から、トイレに間に合わずに尿失禁をしてしまうことがあるため、昼夜、リハビリパンツを使用している。歩行は自立している。夜間、トイレに起きているが、その後、眠っていることが確認されている。
Fさんの尿失禁の改善を目標に収集する情報として、最も優先度の高いものを1つ選びなさい。

1 介護負担となっている家族背景

2 施設生活に対する不安

3 夜間の中途覚醒状況

4 トイレに行く時間帯

5 歩行に必要な下肢筋力

この記事の続きを読む

介護過程の評価の問題 第30回介護福祉士試験過去問65

問題65

 
介護過程の評価に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。​

1 介護計画の内容に対する介護福祉職の満足度を評価する。​

2 支援の実施状況に関する情報を整理して、評価する。​

​3 複数ある短期目標は集約して評価する。​

​4 実施後に評価基準を定めて評価する。​

​5 家族が多角的な視点から評価する。​

この記事の続きを読む

次の記事 »





お問い合わせ

スポンサードリンク

人気ページランキング