元介護福祉士ナックルの情報ブログ


サイト内検索

プロフィール

ナックル
元々訪問入浴介護をしており、今は会社に依存せず、自分自身で稼ぐスキルを身につけるため、勉強中です。

詳しいプロフィールはこちら

全記事一覧はこちら

お問い合わせ

カテゴリー

最新情報


ケアマネ無料めーる講座!!2017年完全対応!

第20回ケアマネ試験 あと残された期間で合格出来ますか? 質問解答

今回はご質問いただきました。

同じ悩みを持つ方も多いと思ったので
シェアさせて頂きます。

質問内容

初めてメールさせていただきます。
教材を教えて下さったのでお聞きしたいと
思いメールいたします。
もし、気に触り怒りに触れたらごめんなさい。
その時は流してください。

ケアマネの試験を受けようと決めたのは
七月の申し込みギリギリ、、
それから問題集など手探りでやり始め
もうダメかな、、甘かったか??
と思っていた矢先に、ナックルさんの
サイトを見つけて見させていただいています。

実際、、全く頭に入るとか入らないとかではなく、、
記憶にのこってくれないのです。

勉強してもおぼえたはずがおぼえきれてなくて
始めての言葉ばかりであきらめかけています。
私ってこんなに、頭がボケてる?

勉強の仕方がわからなくなってるよ!
どうしよう、あきらめよう。。と言う感じなんです。
こんな私でも教材を頑張れば受かると思いますか?
死ぬ気でやれば受かるといいますが
死ぬ気ってどこまでやれば死ぬ気ですか?
って思います。

お金を出して買うなら受かりたい、
あと残された期間でいけると正直思いますか?
すみません。つい愚痴ばかりになりました。

こんな感じの人でも手ごたえを感じることができると進められますか?

教えてください。お願いします。

この記事の続きを読む

落とせない一問!! 経管栄養 嚥下機能 食事介助などの問題。 第17回 ケアマネ試験過去問 (問35)

過去の問題はこちらから
ケアマネ問題を解く具体的なテクニック

 

問題35

次の記述について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 口から食べることは,必要なエネルギー補給だけでなく,口腔の自浄作用が期待できる。

2 食事介助では,本人に頭部後屈の姿勢をとらせることが望ましい。

3 経管栄養を行っている場合には,食事後はすぐに水平に臥床させることが望ましい。

4 嚥下機能が低下した人に一律にキザミ食を提供することは,誤嚥や窒息を引き起こすおそれがある。

5 食後の口腔ケアを1日1回しか行えない場合には,肺炎予防のためにも夕食後に行うことが望ましい。

この記事の続きを読む

知っていないとかなり厳しい問題 高齢者の栄養・食生活について 第17回 ケアマネ試験過去問 (問34)

過去の問題はこちらから
ケアマネ問題を解く具体的なテクニック

 

問題34

高齢者の栄養・食生活について,より適切なものはどれか。3つ選べ。

1 納豆,クロレラ,青汁に含まれるビタミンKは,一部の抗凝固薬の効果を減弱させる。

2 高齢者は,代謝・吸収の機能が低下するが,栄養補助食品を使用することは控える。

3 ビタミンB2の欠乏により,口角炎や脂漏性皮膚炎が生じることがある。

4 食欲不振は,消炎鎮痛剤等の薬剤が原因のこともある。

5 在宅での経管栄養剤は,食品の扱いとなるため,すべて自己負担となる。

この記事の続きを読む

インスリン注射 パーキンソン病患者に対してリハビリテーションなど 第17回 ケアマネ試験過去問 (問33)

過去の問題はこちらから
ケアマネ問題を解く具体的なテクニック

 

問題33

次の記述について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 胃ろうを造設しても,誤嚥性肺炎のリスクがなくなるわけではない。

2 医師・歯科医師が麻薬を処方する場合には,麻薬施用者免許は不要である。

3 円背や骨盤後傾のある高齢者の立位では,重心が後方にあるため,バランスを崩しやすい。

4 インスリン注射は,医師の指示があれば,介護職員も行うことができる。

5 パーキンソン病患者に対してリハビリテーションを行う場合には,薬効などによる体調の変化が大きいため,患者の身体の動きやすさの変化に注意する。

この記事の続きを読む

褥瘡についての出題は超重要ですよ。。 第17回 ケアマネ試験過去問 (問32)

過去の問題はこちらから
ケアマネ問題を解く具体的なテクニック

 

問題32

褥瘡について,より適切なものはどれか。2つ選べ。

1 身体の清潔の援助は,全身の皮膚を観察し,早期に褥瘡を発見する機会となる。

2 褥瘡ケアは,訪問看護師などの専門職が行うため,介護者に対する教育は必要ない。

3 褥瘡予防のための皮膚のマッサージを行う際には,血液の循環を促すため,発赤部位について特に丁寧に行う必要がある。

4 感覚障害のある在宅療養者は,褥瘡が生じやすい。

5 車いすを利用し,姿勢維持が困難な者には,皮膚や軟部組織にかかる圧力やずれを減らすため,円座を使用する。

この記事の続きを読む

次の記事 »





お問い合わせ

裏ナックルYouTubeチャンネル


ce8ZT907jUc7wtd1498157678_1498157957


スポンサードリンク

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ページランキング