元介護福祉士ナックルの情報ブログ


サイト内検索

プロフィール

ナックル
元々訪問入浴介護をしており、ケアマネ試験、介護福祉士試験の情報をどこよりもわかりやすく解説していくことをモットーに発信中です

詳しいプロフィールはこちら

全記事一覧はこちら

お問い合わせ

カテゴリー

みんなの介護

物件数No.1
老人ホーム検索サイト

最新情報

受容の説明 第30回介護福祉士試験 過去問27

問題27

 
受容の説明に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 価値観を尊重する。

2 問題行動を否定する。

3 言い分に同調する。

4 感情を分析する。 

5 否定的感情を抑圧する。

 

 

 
受容とは
相手の望ましい側面だけでなく、
望ましくない側面もその人の
「ありのままの姿を受け入れる」
ことである。

 

正解 1

 

 

 

 

本当に介護福祉士試験、大丈夫ですか?

あなたは心から

「絶対に合格出来る!!」

そう確信をもって言えますか?

もし、そうでないなら下記のページを
見て下さい。
新、ライバルを出し抜く!!ヒミツの介護福祉士合格術!!

第29回からは
「医療的ケア」
も加わり、以前とは難易度も少し
上がると思います。

上がる理由は、医療的ケアの追加もありますが、
「実務者研修」の影響の方が大きいと思います。

「実務者研修」を第29回からは受けての受験
となりますので、無条件の時とは恐らく
平均点も上がると予想しています。

そういった対策もしていますので
あなたの勉強+αで使ってみてください。

もちろん無料です。

登録もメールアドレスと
名前を入れるだけで、
1分で終わります。

登録者数1000名突破!!
新、ライバルを出し抜く!!ヒミツの介護福祉士合格術!!
 

ストレスチェック制度とメンタルヘルス不調 第30回介護福祉士試験 過去問26

問題26

「ストレスチェック制度」に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 ストレスチェックは会社の上司が実施する。

2 ストレスチェックは、労働者数30人以上の事業者に義務づけられている。

3 労働者のメンタルヘルス不調の未然防止が主な目的である。

4 実施した結果は、事業者から労働者に対して通知することが義務づけられている。

5 各事業所で2年に一度実施することが規定されている。

(注)「ストレスチェック制度」とは、労働安全衛生法で定める「労働者に対して行う心理的な負担の程度を把握するための検査及びその結果に基づく面接指導の実施等を事業者に義務づける制度」のことである。

この記事の続きを読む

育児・介護休業法 第30回介護福祉士試験 過去問25

問題25

「育児・介護休業法」に基づく、休業や休暇などの取得に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 育児休業期間は、子が満3歳になるまでである。

2 子の小学校就学前までは短時間勤務制度を活用できる。

3 子が病気等をしたときは、3歳までに年に10日間の看護休暇を取得できる。

4 要介護状態にある家族の通院の付添いをするときは、介護休暇を取得できる。

5 介護休業とは、2か月以上要介護状態が続いている家族を介護するためのものである。

(注)「育児・介護休業法」とは「育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律」のことである。

この記事の続きを読む

クーリングオフ制度を詳しく解説しました 第30回介護福祉士試験 過去問24

問題24

 

一人暮らしの認知症高齢者のJさんが、一昨日、訪問販売で高価な寝具を購入して、家族が困惑している。この家族への介護福祉職の対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 Jさんが他者と関わらないように助言する。

2 国民生活センターで、契約を解除してもらうように伝える。

3 施設入所を勧めて、消費者被害を繰り返さないようにする。

4 クーリング・オフ制度を利用して、契約を解除できることを伝える。

5 自己破産制度を活用して、自己破産を勧める。

この記事の続きを読む

介護老人福祉施設における防災対策 第30回介護福祉士試験 過去問23

問題23

 
介護老人福祉施設における防災対策に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 消防法において、年1回以上の消化・避難訓練が義務づけられている。

2 大規模災害時には、災害派遣医療チーム(DMAT)の活動拠点になることが義務づけられている。

3 災害対策基本法に基づき、避難行動要支援者名簿の作成が、施設長に義務づけられている。

4 避難訓練は、混乱が予想される夜間は避ける。

5 施設が作成する非常災害対策計画の内容は、職員間で十分に共有する。

この記事の続きを読む

« 前の記事 | 次の記事 »