元介護福祉士ナックルの情報ブログ


サイト内検索

プロフィール

ナックル
元々訪問入浴介護をしており、ケアマネ試験、介護福祉士試験の情報をどこよりもわかりやすく解説していくことをモットーに発信中です

詳しいプロフィールはこちら

全記事一覧はこちら

お問い合わせ

カテゴリー

みんなの介護

物件数No.1
老人ホーム検索サイト

最新情報

季節や行事と、食事の組合せ 第30回介護福祉士試験 過去問52

問題52

 
季節や行事と、食事の組合せとして、最もふさわしいものを1つ選びなさい。

1 節分            お節料理

2 桃の節句(ひな祭り)    柏餅

3 七夕            七草粥

4 土用の丑の日      うなぎのかば焼き

5 冬至       ちまき

この記事の続きを読む

消化管ストーマを造設している人の生活支援 第30回介護福祉士試験 過去問51

問題51

消化管ストーマを造設している人の生活支援に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 排泄物がパウチの3分の1から2分の1程度たまったら処理するように助言する。

2 ベルトでウェストを締める服を選ぶように助言する。

3 ラジオ体操は控えるように助言する。

4 回腸ストーマのある人は水分摂取は控えるように助言する。

5 れんこんやごぼうを多くとるように助言する。

この記事の続きを読む

直腸性便秘のある高齢者の介護 第30回介護福祉士試験 過去問50

問題50

 
直腸性便秘のある高齢者の介護として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 排便時は隣に立って見守る。

2 市販の下剤を毎日勧める。

3 日中の活動を控えるように勧める。

4 朝食後、トイレに誘導する。

5 食物繊維は控えるように勧める。

この記事の続きを読む

排便のメカニズム 第30回介護福祉士試験 過去問49

問題49

 
排便のメカニズムに基づく排泄の介護として、最も適切なものを1つ選びなさい。​

​1 トイレまでの歩行は、胃・結腸反射を誘発するために有効である。​

2 食後の臥床は、腸内の蠕動運動の亢進に有効である。​

​3 トイレ誘導は、便意を催してから30分後が有効である。​

​4 腹部マッサージは、下行結腸、横行結腸、上行結腸の順に行うことが有効である。​

​5 便座に座って足底を床につけた前傾姿勢は、腹圧を高めるために有効である。​

この記事の続きを読む

利用者の陰部清拭 第30回介護福祉士試験 過去問48

問題48

 
おむつで排泄を行っている利用者の陰部の清拭に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1 排便がなければ、殿部の清拭は省略できる。

2 女性では、会陰から肛門に向かって拭く。

3 本人の希望がなければ、実施しなくてよい。

4 男性の清拭の回数は、女性よりも少なくてよい。

5 週2回入浴を実施していれば、毎日行わなくてよい。

この記事の続きを読む

« 前の記事 | 次の記事 »