元介護福祉士ナックルの情報ブログ


mailmaga728-90

サイト内検索

プロフィール

ナックル
元々訪問入浴介護をしており、ケアマネ試験、介護福祉士試験の情報をどこよりもわかりやすく解説していくことをモットーに発信中です

詳しいプロフィールはこちら

全記事一覧はこちら

お問い合わせ

カテゴリー

みんなの介護

物件数No.1
老人ホーム検索サイト

第28回介護福祉士 過去問 問10 介護保険サービスの利用契約?原則は利用者本位です。

第28回介護福祉士試験過去問はこちらから

 

 

問10

 
介護保険サービスの利用契約に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 利用者が認知症のため、別居している娘に契約内容を電話で説明して、サービス利用契約について同意を得た。

2 利用者と家族に重要事項説明書を渡して、サービス内容を説明し、同意を得て、利用者と契約書を取り交わした。

3 利用者と契約書を取り交わした後で、サービスや職員配置等を記載した重要事項説明書を渡して、提供するサービス内容を説明した。

4 利用者が高齢なので、別居している娘に重要事項説明書と契約書を送付し、返信用封筒もいれて、返送を依頼した。

5 利用者が認知症で理解が困難と思われたので、利用者と仲の良い隣人に説明して、契約書を書いてもらった。

 

-----sponsored link-----

 

 

 

 

解答 2

 

 

1×
「電話で説明して」というところが×ですね~
サービス利用規約という重要なことは、
しっかりとお会いして、対面での説明が必要です。

 

 

2○
正解ですね~。基本的に、「利用者と契約」です。
これが、「家族と契約を取り交わした」となっていると
不正解になります。

契約書に関わらず、
「利用者本人の意思」
が最重要です。

 

 

3×
これは、もうわかりますね。
介護保険サービスに関わらず
どのサービスもそうですよね!

 

 

4×
高齢だろうがなんだろうが、
原則、利用者と契約しましょう!

 

 

5×
「利用者が認知症で理解が困難」
こういったケースは
家族への説明と、契約が原則です。

隣人とかダメですね。

 

 

 

 

介護福祉士試験に合格するための必要な情報を
詰め込んでいますので、

新企画

「朝トレ」

を追加してかなり使いやすくなりました。

合格を目指したい方はぜひご登録下さいね。

ブログには出していない情報も多数あります!!

登録者数500名突破!!
新、ライバルを出し抜く!!ヒミツの介護福祉士合格術!!
 

 

介護福祉士に最短で合格する方法 
ケアマネ無料めーる講座!!2018年完全対応!

↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。