元介護福祉士ナックルの情報ブログ


mailmaga728-90

サイト内検索

プロフィール

ナックル
元々訪問入浴介護をしており、ケアマネ試験、介護福祉士試験の情報をどこよりもわかりやすく解説していくことをモットーに発信中です

詳しいプロフィールはこちら

全記事一覧はこちら

お問い合わせ

カテゴリー

みんなの介護

物件数No.1
老人ホーム検索サイト

第28回介護福祉士 過去問 問8 2015年 介護保険制度の改正の5つのポイント

第28回介護福祉士試験過去問はこちらから

 

 

問8

 
2015年(平成27年)4月に施行された介護保険制度の改正内容として、正しいものを1つ選びなさい。

1 低所得者の保険料負担を引き上げた。

2 介護老人福祉施設の新規入所者を原則として要介護3以上の者にした。

3 予防給付の訪問介護(ホームヘルプサービス)・通所介護(デイサービス)を都道府県が実施する事業に移行した。

4 施設利用者の食費・居住費を補う補足給付の対象者を拡大した。

5 一定以上の所得のある利用者の自己負担割合を3割に引き上げた。

 

-----sponsored link-----

 

 

 

 

解答 2

 

 
介護保険制度関連は必ず出題されます。

特に制度改正は意識が必要となってきます。

この問8も2015年の改正介護保険制度の内容で
知らないとキツイ問題でした。
 

 

2015年の改正介護保険制度5つのポイント

1.低所得者の保険料の軽減割合が拡大された。

2.介護老人福祉施設の新規入居者は原則要介護3以上
(やむを得ない事情がある場合は要介護1,2でも入居可能)

3.要介護1・2の人が利用していた予防給付の訪問介護と通所介護は、市町村が実施する地域支援事業に移行した

4.施設利用者の食費・住居費を補う補足給付については、費用負担の公平化の観点から要件として資産が勘案されることとなり、対象者は縮小された。

5.一定以上の所得のある利用者の自己負担割合は、1割から2割に引き上げられた。

 

 
介護福祉士試験に合格するための必要な情報を
詰め込んでいますので、

新企画

「朝トレ」

を追加してかなり使いやすくなりました。

合格を目指したい方はぜひご登録下さいね。

ブログには出していない情報も多数あります!!

登録者数500名突破!!
新、ライバルを出し抜く!!ヒミツの介護福祉士合格術!!
 

 

介護福祉士に最短で合格する方法 
ケアマネ無料めーる講座!!2018年完全対応!

↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。