元介護福祉士ナックルの情報ブログ


mailmaga728-90

サイト内検索

プロフィール

ナックル
元々訪問入浴介護をしており、今は会社に依存せず、自分自身で稼ぐスキルを身につけるため、勉強中です。

詳しいプロフィールはこちら

全記事一覧はこちら

お問い合わせ

カテゴリー

みんなの介護

物件数No.1
老人ホーム検索サイト

アドボカシーの視点を問う文章問題 第30回介護福祉士試験 過去問2

問題2

Aさん(65歳、男性、要介護2)は、昨年、アルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer`s type)と診断された。妻は既に亡くなり、娘のBさん(35歳)は遠方に嫁いでいる。

Aさんは、現在、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で生活している。Aさんは、現在、介護福祉職に対して、「Bは頭もいいし、かわいいし、きっと妻に似たんだな」とよく話していた。

Bさんが面会に来た時、「誰だい。ご親切にありがとうございます」というAさんの声と、「私はあなたの娘のBよ、忘れちゃったの」「お父さん、しっかりしてよ」と怒鳴るBさんの声が部屋から聞こえた。

介護福祉職がAさんへのアドボカシー(advocacy)の視点からBさんに行う対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 Aさんへの行動は間違っていると話す。

2 Bさんに対するAさんの思いを話す。

3 Aさんの成年後見制度利用を勧める。

4 Aさんとはしばらく面会しないよう話す。

5 Bさんの思いをAさんに伝えると話す。

-----sponsored link-----

 

 

1 Aさんへの行動は間違っていると話す。×

 

2 Bさんに対するAさんの思いを話す。〇

自らの思いを表明できないAさんを代弁する対応です。

 

3 Aさんの成年後見制度利用を勧める。×

文章からは成年後見制度を希望しているのかは不明である。

「アドボカシーの視点からBさんに行う対応」という時点で不正解。

 

4 Aさんとはしばらく面会しないよう話す。×

 

5 Bさんの思いをAさんに伝えると話す。×

介護職員がAさんへのアドボカシーの視点からBさんに行う対応とは言えない。

 

 

正解2
 

アドボカシーとは簡単に言うと「代弁」

自己の権利を表明することが困難な寝たきりの高齢者や、​
認知症の高齢者、障害者の代わりに、代理人が権利を表明することをいいます。​

 

 

本当に介護福祉士試験、大丈夫ですか?

あなたは心から

「絶対に合格出来る!!」

そう確信をもって言えますか?

もし、そうでないなら下記のページを
見て下さい。
新、ライバルを出し抜く!!ヒミツの介護福祉士合格術!!

第29回からは
「医療的ケア」
も加わり、以前とは難易度も少し
上がると思います。

上がる理由は、医療的ケアの追加もありますが、
「実務者研修」の影響の方が大きいと思います。

「実務者研修」を第29回からは受けての受験
となりますので、無条件の時とは恐らく
平均点も上がると予想しています。

そういった対策もしていますので
あなたの勉強+αで使ってみてください。

もちろん無料です。

登録もメールアドレスと
名前を入れるだけで、
1分で終わります。

登録者数500名突破!!
新、ライバルを出し抜く!!ヒミツの介護福祉士合格術!!
 

介護福祉士に最短で合格する方法 
ケアマネ無料めーる講座!!2018年完全対応!

↓↓ ご意見・ご感想は以下よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。

お問い合わせ

裏ナックルYouTubeチャンネル


ce8ZT907jUc7wtd1498157678_1498157957


スポンサードリンク

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ページランキング