元介護福祉士ナックルの情報ブログ

サイト内検索

プロフィール

ナックル
元々訪問入浴介護をしており、今は会社に依存せず、自分自身で稼ぐスキルを身につけるため、勉強中です。

詳しいプロフィールはこちら

全記事一覧はこちら

お問い合わせ

カテゴリー

発行中メール講座


2C8L4mECN1YVqSg1459532637_1459532836


6R5aW4vtcKuGZvU1459533023_1459533246


第17回ケアマネ問題を解くテクニック過去問 の記事一覧

落とせない問題!! 介護予防サービス計画(ケアプラン)第17回 ケアマネ試験過去問 (問19)

過去の問題はこちらから
ケアマネ問題を解く具体的なテクニック

 

問題19

介護予防サービス計画の作成に関する基準について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 原案に位置付けた介護予防サービスの担当者から意見を求める。

2 問題志向型で作成しなければならない。

3 主治医の指示がなければ,介護予防訪問看護を位置付けることはできない。

4 介護予防福祉用具貸与を継続するときは,理由を記載しなければならない。

5 特定介護予防福祉用具販売を位置付けてはならない。

(注) 「基準」とは,「指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防
支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準(平成18年厚生
労働省令第37号)」のことである。

 

この記事の続きを読む

落とせない問題!! ケアマネジメント 第17回 ケアマネ試験過去問 (問18)

過去の問題はこちらから
ケアマネ問題を解く具体的なテクニック

 

問題18

ケアマネジメントについて適切なものはどれか。2つ選べ。

1 課題分析標準項目には, ADLとIADLが含まれる。

2 作成されたケアプランの原案を,サービス担当者会議で検討する。

3 モニタリング情報は,3か月ごとに保険者に報告しなければならない。

4 生活保護受給者のケアプラン作成は,福祉事務所の現業員が担当する。

5 生活保護受給者のケアプランは,福祉事務所が指定する医師の了解を得なければならない。

この記事の続きを読む

この問題を間違えるのはさすがにヤバイ・・・ 介護支援専門員の業務について 第17回 ケアマネ試験過去問 (問17)

過去の問題はこちらから
ケアマネ問題を解く具体的なテクニック

 

問題17

介護支援専門員の業務について適切なものはどれか。3つ選べ。

1 必要に応じて再課題分析を行う。

2 サービスの種類,内容及び頻度を最終的に決定する。

3 サービス担当者会議を主宰する。

4 居宅介護サービス事業者からも情報を得て,モニタリングを行う。

5 要介護度の変化があれば,認定調査員に再調査を依頼する。

この記事の続きを読む

消去法炸裂!! 要介護認定について 第17回 ケアマネ試験過去問 (問16)

過去の問題はこちらから
ケアマネ問題を解く具体的なテクニック

 

問題16

要介護認定について正しいものはどれか。3つ選べ。

1 介護認定審査会は,複数の市町村で共同設置することができる。

2 主治医意見書の項目には,医学的管理の必要性が含まれる。

3 介護認定審査会は,必要があるときは,主治医の意見を聴くことができる。

4 介護認定審査会は,認定に際してサービスの種類の指定権限を持つ。

5 認定されなかった場合には,被保険者証は返還されない。

この記事の続きを読む

少し難しかった!! 要介護認定等基準時間の算定方法  第17回 ケアマネ試験過去問 (問15)

過去の問題はこちらから
ケアマネ問題を解く具体的なテクニック

 

問題15

要介護認定等基準時間の算定方法について正しいものはどれか。2つ選べ。

1 家庭で行われる介護時間を基にする。

2 「1分間タイムスタディ・データ」による樹形モデルを用いる。

3 「特別な医療」に関する項目から求められた時間を合算する。

4 「特定疾病」に関する項目から求められた時間を合算する。

5 主治医意見書の「移動」の項目に記入された時間を合算する。

 

この記事の続きを読む

次ページへ »

お問い合わせ

裏ナックルYouTubeチャンネル


ce8ZT907jUc7wtd1498157678_1498157957


スポンサードリンク

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ページランキング